2015.10.01更新

炎天や朝食抜きの検診日 池本美智子
仏間へと客を迎える盆の花 石内 螢子
微笑みて白衣の天使白芙蓉 石丸 定悦
亡き夫に感謝で暮らす盆の花 井上 節子
花木槿夫は優しくなりにけり 岩田栄子
芙蓉咲く過ぐる月日の早きかな 大木 八重子
リハビリの無き日の二人昼寝かな 岡田 敬子
母の忌や日傘に人の集まりて 加藤 美千枝
独りとは気楽なものよ紅芙蓉 齋藤さよ子
紅木槿あつという間に娘の背丈 高橋浩美
盆の花ちちとははに会えそうな 堤 悦子
盆花を摘む子両手にしっかりと 露木淑子
白木槿倹しい暮し恙無し 永井えいこ
仏間から今宵見上ぐる盆の月 中田久美子
仕事場の移る日決まる秋の風 日野美恵子
芙蓉咲く小径過ぎれば師の住い 長野辰弘
花木槿男こゑする今宵の口  露木華風

投稿者: 露木接骨院

2015.10.01更新

枝のびる上へ上へと夏の夢 池本美智子
葦の風陶の狸の数多し 石内 螢子
もう一度履きたし白靴勇気出す 石丸 定悦
草笛や小学校の同窓会 井上 節子
夕明かり蛍袋のたんと咲く 岩田栄子
白靴の笑う園児やドレミファソ 大木 八重子
絵団扇にご機嫌アメリカ娘かな 岡田 敬子
ふるさとの桐の花咲く日暮かな 加藤 美千枝
子を寝かす団扇の風の行き届き 齋藤さよ子
寺からの今年も届く団扇かな 高橋浩美
夕凪ぎて豆腐屋声の近づけり 堤 悦子
子を叱ることも時には茄子の花 露木淑子
気負らずに休みながらや梅仕事 永井えいこ
素足にも慣れて米研ぐ厨かな 中田久美子
土産へ連れ立ち親子背の団扇 日野美恵子
万緑や色を競いし鎌倉路 長野辰弘
椅子ひとつ団扇を振りて招ばれけり 平井 モト
潜りけりはや水無月大祓  露木華風

投稿者: 露木接骨院

2015.10.01更新

藤の花見たさに疲れ忘れけり 池本美智子
鳥賊釣火今宵の夢に誘いたし 石内 螢子
梅雨の空元気出せよと自己暗示 石丸 定悦
脳トレは楽しいがいい蛙鳴く 井上 節子
朗読の得意な児かな燕の子 岩田栄子
相模川子らの声する鯉幟 大木 八重子
駐車場の青空百の鯉幟 岡田 敬子
兄の忌を修す水無月滑川 加藤 美千枝
夏大根葉付きのままで届ける 齋藤さよ子
壁打ちのボールの音や梅雨晴間 高橋浩美
母の名の付いたハンカチローマ字で 堤 悦子
草笛を吹く子真顔を見せにけり 露木淑子
えごの花やシニアばかりの山の宿 永井えいこ
梅雨晴間慣れぬ手つきの靴磨き 中田久美子
皆揃う穫れたてトマト大盛りで 日野美恵子
百の声ついに大凧上がりけり 長野辰弘
花一匁ハンカチーフを貰ひけり  露木華風

投稿者: 露木接骨院

2015.10.01更新

久々に洒落て初夏食事会 池本美智子
折からのやらずの雨や真菰の芽 石内 螢子
小出川菜の花ざかり妻と行く 石丸 定悦
葉桜や娘の選ぶミニ仏壇 井上 節子
春曉や生みたて卵買う列に 岩田栄子
葉桜や御成の門の変わりなし 大木 八重子
若葉風城下に軽トラ市のたつ 岡田 敬子
花二十日平等院の阿弥陀さま 加藤 美千枝
夏帽子勝ち越す後を任さるる 齋藤さよ子
田水引く昼はきまりてにぎり飯 佐藤 昌風
卯波へと向かう少年足早に 高橋浩美
田水引き露天の湯宿込み合いて 堤 悦子
記念樹や子と連立ちて植木市 露木淑子
人の世や裏と表に若葉風 永井えいこ
白い靴履きて一歩目恐々と 中田久美子
石垣の島に卯波の立つ日和 長野辰弘
麗らかやミシンの音の心地よさ 日野美恵子
若葉雨合羽が歩く一年生 平井 モト
のどかさや僧も顔出す躙り口  露木華風

投稿者: 露木接骨院

2015.10.01更新

引き出しに風船一つ見つけけり 池本美智子
縁日や孫のねだるはゴム風船 石内 螢子
菜の花を摘みて元気を貰いけり 石丸 定悦
旅立ちの夫渡るよな春の虹 井上 節子
絵手紙の桜の花の溢れけり 岩田栄子
日曜や風船飛ばす家族連れ 大木 八重子
竹の秋火伏せの神へ代参す 岡田 敬子
分かち合う友のおもたせ花菜和 加藤 美千枝
春休み泊りの客を川の字で 齋藤さよ子
一雨が促す草引き裏の畑 佐藤 昌風
竹の秋祖母の命日迎えけり 高橋浩美
村興し名入りの風船配られて 堤 悦子
春の虹言い訳するを覚えけり 露木淑子
春の風手縫いの服のあがりけり 永井えいこ
菜の花の香残して旅たちぬ 中田久美子
春の虹もうすぐ園児帰るころ 長野辰弘
知らぬ地に飛んで風船人の輪へ 日野美恵子
残雪や鳥や獣の形して 平井 モト
紙風船反魂丹を置きゆけり  露木華風

投稿者: 露木接骨院

2015.10.01更新

介護車や笑顔が素敵春の宵 池本美智子
水仙や土手に香りの漂いて 石内 螢子
雉子の声ははの享年越えにけり 石丸 定悦
工事場に真っ赤に咲いたチューリップ 井上 節子
麦を踏む親子の会話弾みけり 岩田 栄子
祝宴を京に済ませし春満月 岡田 敬子
風光る二見の浦に身を清む 大木八重子
佐保姫に男の捌く袱紗かな 加藤 美千枝
街道の松の並木や風光る 齋藤さよ子
春満月大地のいのち目覚めけり 佐藤 昌風
風光る氏神様に手を合わす 高橋浩美
風光る海鼠の壁が人を呼ぶ 堤 悦子
草餅を病める友への土産とす 露木淑子
春眠や慌てふためくははの声 永井えいこ
より高くぶらんこ漕ぎて雲を蹴る 中田久美子
春満月妻の煮物に舌つづみ 長野辰弘
ビル谷間行き交う人や風光る 日野美恵子
飛び石のまだ濡れている日向ぼこ 平井 モト
初牛や名人蕎麦にあづかれり  露木華風

投稿者: 露木接骨院

2015.10.01更新

一万歩己に課せる春の朝 池本美智子
雪明かり昔話に身をゆだね 石内 螢子
畑仕事匂う白梅風の道 石丸 定悦
雪明り延命治療願います 井上 節子
満開の白梅足を軽くせり 岩田 栄子
山裾や父の植えたる梅白し 岡田 敬子
初句会皆の笑顔に囲まれて 大木八重子
若者の気力が頼み事始め 加藤 美千枝
雪明り何もせぬ日と決めにけり 齋藤さよ子
霜柱踏みて笑顔に合いに行く 佐藤 昌風
時を知る苔むす梅や鎌倉路 高橋浩美
白梅や猟師に道を尋ねられ 堤 悦子
雪明り吾予の寝顔を見つめけり 露木淑子
椀の蓋開ければ春の立ちにけり 永井えいこ
七回忌修す忽ち春立ちぬ 中田久美子
高齢者ばかりの郷にドンド焚く 長野辰弘
雪明り静まり返る街の中 日野美恵子
初詣で賽銭闇に響きけり 平井モト
春立ちぬ酒を抱えて友来たり 福岡 琢也
檀家らに交じりて招ばる初大師  露木華風

投稿者: 露木接骨院

2015.10.01更新

北風に押されて帰路を急ぎけり 池本美智子
初夢やハングライダー乗りまわし 石内 螢子
煤逃げて又もやバリに夜の更ける 石丸 定悦
愛しみを愛しさ変え初笑 井上 節子
通学路着膨れ爺に守られて 岩田 栄子
猫叱る遠州訛ちゃんちゃんこ 岡田 敬子
訃の知らせ蜜柑むく手の止まりけり 大木八重子
冬帽子浮雲に乗り兄逝けり 加藤 美千枝
初夢や勝ちっ放しのじゃんけんぽん 齋藤さよ子
一人遊び蜜柑に目鼻描きにけり 佐藤 昌風
時を越え初夢合わせして遊ぶ 高橋浩美
着膨れや口の達者な浜の婆 堤 悦子
初夢や竜宮城へ招かれて 露木淑子
煮凝りを時折作るははの味 永井えいこ
折鶴に初夢託すあしたかな 中田久美子
雪景色たづねし白馬山動く 長野辰弘
想い出は凍りし蜜柑焼きにけり 日野美恵子
ふるさとの友と晦日の蕎麦啜る 平井モト
竜の玉寺の足場の片されり  露木華風

投稿者: 露木接骨院

2015.10.01更新

咳の出てそっと息止め場を離る 池本美智子
鍋料理主役の席に湯豆腐が 石内 螢子
岬道まわれば石蕗の花盛る 石丸 定悦
音楽会困り果てたる咳のでて 井上 節子
忙わしなき一日の終る柚子湯かな 岩田 栄子
年惜しむ愛用歳時記繕いて 岡田 敬子
阿夫利嶺や湯豆腐囲み義父偲ぶ 大木八重子
ありがとう湯舟に浸る夜長かな 加藤 美千枝
湯豆腐や何でも話せる夜の友のいて 齋藤さよ子
待つ事もこれ又楽し冬桜 佐藤 昌風
湯豆腐や頃合い忘れしゃべり講 高橋浩美
杖をつく暮らしに慣れし冬椿 堤 悦子
山茶花や無事に終わりし水抜きの 露木淑子
炉を囲む家族の仲間猫のいて 永井えいこ
窓拭きや日射し背に受け年惜しむ 中田久美子
冬銀河我が歩む道探しけり 長野辰弘
過ぎし日や句集をめくり年惜しむ 日野美恵子
咳ばらい無言の叱咜示しけり 平井モト
車窓からみかんの山の大合唱 福岡琢也
耳を炊く小春の日和たまはりぬ  露木華風

投稿者: 露木接骨院

2015.10.01更新

恙無し空一面の冬茜 池本美智子
樹氷照る天の恵みと思いけり 石内 螢子
空からのカナダの秋を楽しめり 石丸 定悦
初時雨ゆったり刻を味わえり 井上 節子
蕎麦を刈る土に温もり残りけり 岩田 栄子
木の葉髭夫の検査に付き添えり 岡田 敬子
蒲団干す日向のにおい心地よき 大木八重子
台風や年に一度のダンスデモ 加藤 美千枝
鶴を折る小夜の時雨をききながら 齋藤さよ子
背伸びして冬の茜を仰ぎけり 佐藤 昌風
一日や事なく仕舞う冬茜 高橋浩美
冬茜水平線の濃かりけり 堤 悦子
バスを待つあいだ焚火の輪の中に 露木淑子
落葉焚く少し気になる物忘れ 永井えいこ
手拍子や焚火を囲む朝稽古 中田久美子
冬茜眼下に富士を従えり 長野辰弘
子等集う焚火のにおい嗅ぎつけて 日野美恵子
音のなき通り過ぎたる小夜時雨 平井モト
時雨来てみんな駆け出す交差点 福岡琢也
膝折れば話したくなる草もみぢ  露木華風

投稿者: 露木接骨院

前へ
露木接骨院 0467-75-0310  0120-75-0310 お問い合わせはこちら
露木接骨院 0467-75-0310  0120-75-0310 お問い合わせはこちら
当院のご紹介 こんな症状でお悩みの方へ 料金のご案内
患者様の声 露木接骨院ブログ 俳句の会
俳句の会~作品紹介~ Facebook