2017.01.15更新

三ツ石がはっきり見えし十二月 石内 螢子
日脚伸ぶ我の気力の上り坂 石丸 定悦
いい人生笑顔で賀状書く夕べ 井上 節子
冬の空見えて国後遠くなり 岩田栄子
戸袋を濡らす朝の雪雫 大木 八重子
この部屋に友の来て居り雪雫 岡田 敬子
松の内亡夫と歩きし日の遠き 加藤 美千枝
一年がまた回りだす初暦 斉藤さよ子
雪解けて向かうは坂の上の家 高橋浩美
日脚伸ぶ浜の婆婆等の立話 堤 悦子
子はすぐに感謝の言葉実南天 露木淑子
賀状書くつたない酉の絵を添えて 永井えいこ
半島を幾重に包む冬の霧 中田久美子
初漁の船帰り来て明ける街 長野辰弘
新年会術後の兄を囲みけり 日野美恵子

藪柑子片手拝みに道の神

 露木華風

投稿者: 露木接骨院

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ

露木接骨院 0467-75-0310  0120-75-0310 お問い合わせはこちら
露木接骨院 0467-75-0310  0120-75-0310 お問い合わせはこちら
当院のご紹介 こんな症状でお悩みの方へ 料金のご案内
患者様の声 露木接骨院ブログ 俳句の会
俳句の会~作品紹介~ Facebook